読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる貯金生活

転勤族の妻が送る節約・貯金・手作りのあれこれ。

子供とミニマリスト

シンプルライフ

子供にとって、物をズバズバ捨ててる親はどう目に映ってるんでしょうか?



子供1は7歳なのである程度理解ができる年頃です。

よく捨てられない親のもとで育ったので、その逆の物を持ちたくない、捨てたいといった思いが強くなった、という文を見かけます。

もちろんその逆もありますよね。

子供時代ゲームが欲しかったけどさせてもらえなくてその反動で大人になってから買いまくったとか、なんにせよやりすぎは良くないということです。

親は子供のお手本になるべき存在です。

極端な親のもとで育った子供は極端に走る傾向があるんでしょうか?



私にとって子育てのなかで難しいと感じてることがあります。

子供にとっておもちゃは大事なもので、買ってくれた人との思い出でもあります。

それを親の思いで捨てるよう指導していくのってどうなんだろう、と日々思います。

子供1はぬいぐるみが大好きで、大きなかごに溢れそうなほど持っています。

でもどれも大事で、捨てられない。

だから私は今のぬいぐるみをかわいがってやるためにも、もうこれ以上はぬいぐるみを買わないように、と言っています。

遊んでいる姿を見ても大体一軍の中から遊んでいて、大事にしてるけど全然遊んでいないぬいぐるみもいるんです。でも大事だと、本人が言うのでそのままにしています。

子供のオモチャは子供にとって宝物です。

我が家は押入の下、全てオモチャ箱になっています。ぬいぐるみの一部を除いて、全部遊んでいるので捨てられない。

無理して捨てると、大人になったときの反動がきそうで私の嗜好に子供を合わせるのはいけないことだと思っています。

まあ、あまりにもすごすぎると整理しようと声かけはしますが、やり過ぎないようにしなければと心に言い聞かせています。

片付けられないほどのオモチャは持ってはいけないけど、少なすぎるのもよくないのではと思います。オモチャで遊んでいろんなことを吸収していくと思うのです。



なんだかとりとめのない文になってしまいました。

要は、物は与えすぎない。

だけど大事にしているもの、これから与えるものはしっかりと必要なものを吟味して与える。

とりあえず買ってもらったものって、大事にしてないので。

子供達には物を大事にする心を持ってほしいです。だけど、大事にしすぎて必要でないものまで持ってしまう人になってほしくないのです。

このさじ加減が難しいです。


沢山の物を私は捨ててきました。

沢山のいらないものを買いました。

これからは私自身も必要なものをしっかりと買い、そして大事にし、子供のお手本になるように生活したいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村