がんばる貯金生活

転勤族の妻が送る節約・貯金・手作りのあれこれ。

まずは100万円貯めてみよう!

貯金のなかった独身時代。

あったのは、奨学金と言う名の借金だけでした。

私が借りたのは240万円ほど。

就職して、毎月20万円ほどいただき、実家住まいだったので3万円家に渡していました。

残りの17万円は、保険・奨学金返済・携帯をのぞいたら大体13万円ほどがお小遣いとして使ってました。

だけど、遊んだり、買い物したりしてほとんど残ってなかったです。ぱーっと使ってた独身時代。

でも、それはそれであの頃に沢山遊べたから今落ち着いた生活ができるのかな、と前向きにとらえてます。

そんな浪費時代も旦那さんと結婚すると決まってからは、結婚費用を貯めるために節約時代へと変わっていきました。

結婚費用は300万円ほど。費用は旦那さんと半分こ。両親からの援助はありません。

日取りを決めて、およそ1年で100万円貯めました。大体月々8万円貯金です。
結構ぎちぎちに節約してました。
でも、結婚費用という目標があったからこそ貯められたと思います。
さらには実家住まい。これ最強でした。



さてさて、ここからが本題。
私の自由になるお金は13万円。
そこから8万円引いた5万円が月々使ってよいお金でした。

8万円はなかったものとして、先取り貯金しました。ソニー銀行の目的別貯金箱で貯金してたのを思い出します。

5万円のなかから、まず1万円はデート代です。

平日の昼御飯は500円までに抑える。
月々15000円ぐらいまでに。

洋服はあるものでなんとかして、買わない。
(それまで結構服を買ってたので、買わなくても大丈夫でした。)

化粧品、書籍、その他を残りでまかなってました。


始めはきつかったです。
今まで13万円も自由に使えていたお金が一気に半分以下になったんですから。

でも、慣れって不思議なもんで自分の金銭感覚が変わっていったのを、覚えています。

何でもぱっぱっと買っていたものを、一旦考えてから買うようになりました。

いる?いらない?

これを心の中で唱えてました。
そうやって訓練していって、今の私がいるんだと、思います。

始めての節約は、結構大変でした。
今はもう慣れっこですけど。

始めは辛いかもしれません。
でも、目標を決めて100万円を貯める!
(期限もあるといいです。)

これってすごい財産になります。

浪費家だった自分でも貯められたんだという自信。
節約する技術。
お金に対する姿勢。

丸々手に入ります!

中々貯まらないかた、まずは100万円を目標にするといいかと思います。切りの良い数字だし、なんといっても100万円は大金ですからね!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村